北欧に学ぶ!初心者のための秋のデコレーションアイデア

Summary


ああ、秋。木の葉が落ち、リンゴが熟して食べごろになり、澄んだ冷たい空気が流れ、紅葉が美しい季節です。今まではクリスマスしか飾り付けしてこなかったというあなたも、今年こそは秋の飾り付けにチャレンジしてみませんか。


まだまだお家で過ごすことも多い世の中、自宅で秋を感じる飾り付けをして快適に過ごしましょう。
切なくも儚い秋の風情をインテリアに取り入れたいと思っても、どこから始めればいいのかわからないという人はいませんか?
ここでは欧米で紹介されている、秋のデコレーションのヒントを参考にして、部屋中に秋の季節感を取り込みましょう。熱々のアップルサイダーをマグカップに注ぎ、パンプキンマフィンを食べながら、読み進めてみてください ...

秋のデコレーション

1. 秋の色を知る

とっても初歩的なことですが、秋の飾り付けには基本的な知識を身につけることが大切です。秋のデコレーションによく使われる色は、オレンジ、赤、茶色、黄色、そしてたまに黒(特にハロウィーンの時期には)です。リビングをシーズンに合わせて塗り替える必要はありませんが、秋のデコレーションに関しては、この6色が出発点となります。

秋のデコレーション

秋カラーで部屋を飾ろう


2. Hygge(ヒュッゲ)のマインドで温かみのある空間に

ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で「暖かくて居心地の良い場所にいることで感じる幸せ」を意味します。今では、単なる一単語にとどまらず、デンマーク人の大切な価値観やマインドセットのひとつとなっています。秋のデコレーションは、家を温かみのあるヒュッゲな空間にするために必要なものを揃えることから始めてみましょう。秋色カラーのブランケットやピローケースなどに変えてみるのもいいかもしれません。シナモンやアップル、そしてパンプキンなどの秋の香りのキャンドルを家中に置けば、炎のゆらぎと香りで身も心も癒されるヒュッゲな家になるでしょう。暖炉がある場合は、家にいるときに火を灯しておくと、さらにヒュッゲな雰囲気になります。

身も心も温まるヒュッゲな空間を。

温かみのあるヒュッゲな空間

 


3. 季節感溢れる自然のアイテムを室内に取り入れる

紅葉の季節になると、色とりどりの葉っぱを家に持ち帰って、素敵なディスプレイにすることで、秋色の飾り付けを楽しむことができます。葉っぱがない場合は、他のものを持ち込むこともできます。枝木や鳥の羽を麻ひもで束ねて花瓶に入れたり、松ぼっくりを置いてみたり、近所のスーパーでミニカボチャなどのカボチャやひょうたんを買ってきたりしましょう。

紅葉をガラス瓶に貼り付けてキャンドルを入れれば、簡単に秋の装いに。

秋の飾り付け簡単DIY


4. 使い捨て用品を秋仕様にする

北欧ではほとんどの人が家で使い捨てのものを使っています。ナプキン、紙皿、プラスチック製の銀食器、ティッシュ、ハンドソープ、トイレットペーパーなど、さまざまなものがあります。秋に向けての買い物の際には、いつものスタイルから少し離れて、秋らしいデザインのものを選んでみてはいかがでしょうか。先ほど挙げたアイテムはすべて、秋バージョンおよび/または香りがついていて、家の中に秋らしさをプラスしてくれます。日本でも秋バージョンの様々なアイテムが入手でき、百均などでも秋デザインのアイテムが簡単に揃うのでぜひ真似してみてください。

秋らしい使い捨てテーブルウェア


5.コルヌコピアで秋の味覚を飾る

秋は食べ物が美味しい季節です。新鮮な果物や野菜を保管する場所も必要ですよね?北欧ではコルヌコピアという楽器のホーンに似た形のバスケットに野菜や果物を保管するそうです。日本では入手困難なので普通のバスケットに入れて真似るのもいいかもしれません。もっとクリエイティブにしたいなら、3に挙げたアイテムを貼り付けてみましょう。さらに、「スリーピー・ホロウの伝説」や「クランベリー・サンクスギビング」といった子供向けの本など、秋の本を1、2冊入れてみましょう。そうすれば、あなたの食料貯蔵庫は豊かな秋に変わります。

コルヌコピアと秋の味覚


6. 五感を刺激する

秋のデコレーションというと、何かをより良く見せるという視覚的な側面を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、秋らしさを演出するには、五感をフルに活用することが大切です。先に述べたように、目で楽しめるデコレーションをしましょう。香り付きのキャンドルも紹介しましたが、それが苦手な方は、自分で香りを作ることもできます。小さなボウルや花瓶にシナモンスティックを束ねて入れたり、香りのよいハーブを飾ったり、ポプリを使ったり。ソフトな音楽をかけるヒュッゲでは穏やかな音楽がマッチします。ロックではなく、メロウなジャズや静かな音楽がいいでしょう。
シナモンスティックで簡単アロマキャンドル
秋は食べ物が美味しい季節です。栗やさつまいも秋刀魚など秋の味覚を味わえるような料理を作り、家中を良い香りで満たしてみるのもいいかもしれません。日が落ちるのも早くなっていき、これから段々と寒くなっていきます。寒さと暗さに対抗するために、おうちの中は暖かいブランケットやキャンドルなどで居心地の良い空間を演出すると、また違った秋冬の楽しみ方ができそうでワクワクしてきませんか?

秋は食欲の秋、読書の秋、実りの秋、芸術の秋、スポーツの秋、いろんなことに打ち込めるとても素晴らしい季節なので、ぜひ秋の飾り付けにも挑戦してみてください。まだまだお家で過ごすことも多い世の中、自宅で秋を感じる飾り付けをして快適に過ごしましょう。その他のインテリアやデコレーション、整理整頓のアイデアについては、定期的にブログをチェックしてみてください。

Products

  • Glory Lamp
  • 夏も終わり、日が沈むのもだんだん早くなってきました。 夜の時間が長くなる秋冬におすすめしたいのが、夕日を再現した間接照明Glory Lamp 雨の日でも、曇りが続く日でも、あなただけの夕日を部屋に取り込んで、落ちることない夕陽をいつでもどこへでも。

    シーリングライトよりは柔らかく、間接照明よりパワフルなライトで部屋全体が暖かい夕日で包まれる、自然の癒し空間をぜひ体験してください。

    Glory Lamp

  • Chick lamp
  • チュンチュンと小鳥のさえずりが聞こえてきそうな、かわいいテーブルランプ。 電気が自動でオフになるエコな光センサーで環境にも優しく、さらにバッテリー搭載の充電式なので置く場所を選びません。

    木々の枝にとまっている小鳥、さわやかな自然の風景を切り取ったようなランプ。
    家ではその小鳥が、明かりを灯すランプとして活躍してくれます。

    Chick lamp

次の記事 →