【北欧エッセンス】インテリア映えするオシャレな間接照明

今や日本では空前の「北欧インテリア」ブーム。
北欧インテリアはどれをとっても本当にかわいいです。

ここでは、北欧ブームが加速していることによって埋もれつつある、本来の姿に触れつつ、

北欧の人がインテリアをどのように考えているのか、「想い」を知ることで、より深くまた楽しくインテリア選びが出来るかと思います。

今回は、その中でも重要な「光」、間接照明にスポットライトを当てて紹介します。

Summary


1. 北欧の文化を知る

 

北欧インテリア -

北欧の人々は、光と非常に特殊な関係を持っています。 夏には太陽が沈むことがなく、逆に冬には自然光が入る時間が短く、光は貴重な存在となります。

それは、北欧スタイルにも反映されています。

北欧のデザイナーは、光や照明を単なるインテリアのオマケではなく、中心と考えています。 照明をメインとしてインテリアが作られるので、北欧デザインの照明はユニークで素敵なデザインが多いんですね。

インテリアを作るときには、家の中の自然光を取り入れられる場所では取り入れ、光が届かない場所では間接照明を活用しましょう。


2. ヒュッゲを意識した照明

ヒュッゲとは

ところでヒュッゲって知っていますか? ノルウェーやデンマークで広まった言葉で、快適さや大切な人と過ごすときに感じる心地よさを表していて、北欧の人たちにとって大切なキーワードです。

【ヒュッゲ】もっと詳しく書いたものはこちら→
ヒュッゲとは?デンマークのマインドセットを取り入れよう。

そんな大切なヒュッゲな雰囲気をつくるには、フロアランプやテーブルランプに注目します。

自分にとって快適で心地よい生活。
それぞれのライフスタイルに合わせ、ヒュッゲを意識したものを選びましょう。

例えば夜、読書をしながらお酒を飲むのが好きな人は、ムードを演出できる照明を選ぶことで、より快適に過ごせ幸福感が高まりますよね。

そしてムードを演出する上で便利なのが明るさを調整できる調光機能付きの照明です。

ヒュッゲを取り入れた照明選びなかなか興味深いです。


調光機能付きのムードを演出できる照明 →→→
大人気のオシャレ間接照明 - Illuminar – FunkyLama


3. ランプの種類

ランプには様々な種類とモデルがありますが、北欧スタイルの家にぴったりのランプの種類を見ていきましょう。

3.1 フロアランプ&テーブルランプ

北欧インテリア - フロアライト

控えめで機能的な照明には、フロアランプテーブルランプが理想的です。

ソファの脇の隅には隠さず、ダイニングテーブルの近くに置いて主役として迎え入れましょう。
北欧のエレガントさが北欧テイストの部屋とあいまって、洗練された雰囲気をつくりだします。

3.2 ペンダントライト

北欧インテリア - ペンダントライト

北欧スタイルには、サスペンションランプやシーリングライトも存在しますが、 ペンダントライトは、多くの種類があり選択肢が広がります。

主に、アイランドキッチンやダイニングテーブル、階段の上などに使われていることが多いですが、
最近ではべッドルームやトイレの空間に付けられた、オシャレな写真をSNSでよく目にするようになりました。

3.3 ガーデンライト

北欧インテリア - ガーデンライト

北欧の人々は短い夏の間を目一杯楽しむために、朝食から1日の終わりの晩酌と1日の大半をバルコニーや庭で過ごすため、ガーデンライトは欠かせません。

北欧に住んでいなくとも、取り入れたって問題ありません!

日中に太陽で自動充電されるソーラーライトなど、環境にも優しいデザインのエコロジカルや、停電した際に取り外して使えるランプもありますし、屋外スペースの充実を検討してみてはいかがでしょう。


4. キャンドルの魔法

北欧インテリア - キャンドル

デンマーク人の多くは週に4日以上、キャンドルを灯しているそうです。

もちろん、デンマークに住んでいなくても、灯しましょう!

キャンドルは温かく安心感のある光を放ち、火を灯した途端に部屋の雰囲気を変え、ちょっとした魔法をもたらしてくれます。
ダイニングルームでのロマンチックなディナーや、リラックスしてお風呂に入るときにも最高です。

そして、
窓や、階段、廊下、玄関などの通路に置いた日には、それはもうセレブのお家です。 セレブもやらないかもしれない映画の世界です。


キャンドル、日本でも寒い冬の時期には、ぜひ取り入れたい習慣ですね。


まとめ

北欧の人々と光の関係いかがでしたか?
大切なモノだということが分かります。北欧に限らず人間にも重要ですよね。

そして、北欧のインテリアには自然を取り入れたデザインが多くあります。
それも、余分なものを好まない厳しい自然の影響を強く受けています。

北欧のデザイナーは、幸福感やリラックス感を感じるために、木や天然繊維をよく使用しますが、こちらのテーブルランプは日本の象徴でもある桜の木を使用した天然木のランプです。高級感のある印象です。


Products

  • Lune Lamp
  • 月の優しい光がつくる癒し空間
    見た目も月のようなランプですが、柔らかい温白色の色合いも、月の光に近い色温度を採用。 月のような柔らかな光がお部屋をつつみます。 夜のリラックスタイムに、優しく柔らかな光がつくる癒し空間をご堪能ください。 これひとつでお部屋の雰囲気をガラリと変え、ホテルライク、北欧モダンと空間をより、オシャレに演出してくれます。

    Lune Lamp

  • Illuminar
  • 2cmの細いライトが作り出す無限大の空間。リモコン操作でどんな空間も思いのままに。Illuminarは多彩なカラーバリエーションと330以上のマルチカラーエフェクトで、癒しのリラックス空間、映画鑑賞、オンラインコンサート、スポーツ観戦、ワークアウト、パーティー仕様と、シチュエーションや気分に合わせて部屋の雰囲気を様々な空間に演出できる間接照明です。部屋のコーナーに置くことで、壁に照らし出された明かりが、幻想的な空間を作り、部屋に彩りをプラスします。省スペース設計で家の広さはそのままに間接照明のある暮らしが楽しめます。

    Illuminar

インテリア シンプル テーブルランプ ヒュッゲ フロアランプ 北欧を知る 北欧インテリア 間接照明